第4回 公開住宅セミナー「いま、興味のあること」を語る 12月17日(土)

12月17日(土) 第4回公開住宅セミナーを行います。

各メンバーが「いま、興味のあること」というテーマでお話しします。

建築家が何を考えて設計しているのか、どんな発想が住まいの設計に

活かされているのか、普段あまり聞けない話が満載になりそうです。

 

今回は忘年会も兼ねて、食事しながらの公開セミナーとなります。

お酒を飲みながら、リラックスして歓談できます。

どなたでも参加出来ますので、どうぞお気軽にご参加ください。

参加ご希望の方はメール・電話等でお申込みください。

多数のご参加をお待ちしております。(定員に達し次第、受付終了となります)

 

テーマ:「いま、興味のあること」を語る
日 時: 12月17日(土) 18:30~21:00
参加費:3,000円(食事代)+各自飲み物代
会 場:HATCHi / a.k.a. 金沢市橋場町 3-18(浅野大橋すぐ近く)
問合せ:リンテルノ バイ ヤマギシ 内事務局 担当 : 西島・土居
TEL : 076-252-7583
FAX : 076-252-7799
E-mail : yamagishi7583@gmail.com


第3回 公開住宅セミナー「金沢に建てること・住まうこと」を語る 11月19日(土)

 

11月19日(土)に第3回公開住宅セミナーを行います。

各メンバーが「金沢に建てること・住まうこと」というテーマでお話しします。

新居を検討中の方、どうぞお気軽にお越しください。

 

参加ご希望の方はメール・電話等でお申込みください。

お待ちしております。(飛び込み参加も歓迎します!)

 

テーマ:「金沢に建てること・住まうこと」を語る
日 時: 11月19日(土) 14:00~16:00
参加費:無料
会 場:リンテルノ バイ ヤマギシ
    〒920-0805 金沢市小金町 3-31
問合せ:リンテルノ バイ ヤマギシ 内事務局 担当 : 西島・土居
TEL : 076-252-7583
FAX : 076-252-7799
E-mail : yamagishi7583@gmail.com


第2回 住宅見学ツアー・延期のお知らせ

建築家Catalogueの人気企画である住宅見学ツアーを10月22日(土)に

開催予定でしたが、諸事情により開催が難しくなりました。

 

楽しみにしておられた方には申し訳ありませんが、ご理解頂ければありがたいです。

今年度中に開催可能となりましたら、改めてご案内させていただきく思います。

 

なお、11月19日(土)には「金沢に建てること・住まうこと」を語る

と題して、第3回 公開住宅セミナーを開催いたします。

家づくりをお考えの方、どうぞお気軽にご参加ください。

 


第2回住宅セミナーのご報告

 

820日に行われた第2回住宅セミナーの報告です。

当日は15名もの参加となり大変盛況となりました。

各メンバーの最新の取り組みから設計の考え方等色々興味深い話が聞けました。

少々盛り上がりすぎて16時終了が17時となってしまいましたが、時間を感じさせない有意義なセミナーとなったのではないでしょうか。

 

次回は1022日(土)に住宅見学ツアーを予定しております。

気候も良く楽しいツアーになると思いますのでぜひ参加をお願いします。

 

 


第2回 公開住宅セミナー「最新の家づくり」 8月20日(土)


 

8月20日(土)に第2回公開住宅セミナーを行います。

各メンバーが「最新の家づくり」というテーマでお話しします。

普段あまり聞けないような設計プロセス等興味深い話が聞けそうです。

 

参加ご希望の方はメール・電話等でお申込みください。

お待ちしております。(飛び込み参加も歓迎します!)

 

テーマ:「最新の家づくり」新作を語る
日 時: 8月20日(土) 14:00~16:00
参加費:無料
会 場:リンテルノ バイ ヤマギシ
    〒920-0805 金沢市小金町 3-31
問合せ:リンテルノ バイ ヤマギシ 内事務局 担当 : 西島・土居
TEL : 076-252-7583
FAX : 076-252-7799
E-mail : yamagishi7583@gmail.com


住宅見学ツアーの御報告

7/30(土)に開催した「住宅見学ツアー」の御報告です。

 

当日は暑い中、12名の参加がありました。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

中にはこれから家づくりをされる方もおられ、有意義な見学会になりました。

 

メンバーの車に分乗し、鶴来、四十万方面でメンバーの設計した住宅を3軒見学しました。

それぞれ、実際に住んでいらっしゃる施主からも説明があったり、施主のこだわりや設計者の提案なども聞くこともできて、僕自身も勉強になりました。

 

終了後、ヤマギシさんのショールームでコーヒーを飲みながら質問や、普段の設計活動についてもいろいろ話もでき、参加して頂いたみなさんにも楽しんでいただけたと思います。

 

当初、7/16に予定しておりましたが、諸般の事情により、2週間ずれこんだため、参加を断念されたかたもいらっしゃったようです。

日程が合わなかった方には大変申し訳ありませんでした。

今後も開催しますので、是非ご参加下さい。

 

ありがとうございました。

 

3軒目に見学した住宅外観:見学者が映っておらず、見学ツアーっぽくない写真ですみません…

 


建築家catalogue 2016 年間スケジュール


2016年間スケジュール

建築家カタログの平成28年度年間スケジュールが決まりました。
12月までに6回の企画を予定しています。
皆様のスケジュール表に追記頂ければ幸いです。
具体的な開催場所や時間などの詳細な情報は随時ブログに公開して行きます。
多くの方のご参加をお待ちしております。 
また HPではメンバーの作品紹介をしています。
こちらもご覧いただければ幸いです。              −谷重ー  

 

作品紹介No.8 小松の家(LDKとゲストルームの改装)



吉村 寿博
吉村寿博建築設計事務所
HP:http://www.yoshimura-archi.com

小松市の住宅改装物件です。内装業者さんからの紹介物件で、施主さんとは
全く面識のないところから始まった珍しいプロジェクトです。電気設備会社
を経営されている施主さんからの要望は「カッコ良くして欲しい!」という
一言でした。住宅内部の全面改装(主要室以外はクロスの張替え程度)でし
たが、大きく手を入れるのはLDKと中2階のゲストルーム、2階の寝室の3
部屋でした。こちらのブログでは、LDKと中2階のゲストルームを紹介して
います。(設計の詳細はこの記事の末尾に記載しています。長文になってし
まいましたがご容赦ください)



玄関からLDKに入る。エンジ色の部分は仏間に続く引戸となっている


手前の接客スペースと普段使いのリビングスペースが雁行して繋がる


天井を照らす間接照明が空間に統一感を与える


接客スペースからLDKを見返す


中2階のゲストルーム。家族の帰省や親戚の来訪時に使用するスペース


LDKの改装前写真。および家具から導かれた内装のカラースキーム

■内装の設計にあたって
小松市の住宅改装物件です。内装業者さんからの紹介物件で、施主さんとは
全く面識のないところから始まった珍しいプロジェクトです。電気設備会社
を経営されている施主さんからの要望は「カッコ良くして欲しい!」という
一言でした。住宅内部の全面改装(主要室以外はクロスの張替え程度)でし
たが、大きく手を入れるのはLDKと中2階のゲストルーム、2階の寝室の3
部屋でした。寝室と他の諸室は壁クロスの選定や窓のスクリーンの選定をさ
せていただきました。既に改装計画が進んでいたところ、途中から入る形に
なったので、既に決まっていたキッチンの選定(カラーコーディネート)や
食器棚の整理を行ないつつ、施主さんの好みを探る打合せとなりました。

話をよく聞いてみると、たまに帰省される娘さんに「カッコイイね!」と言っ
て欲しいという施主さんの可愛らしい思いが動機だったことが分かりました。
幸い家具の選定まで任せていただくことになっていたので、どんな家具を置く
か、というところから空間のイメージづくりがスタートしました。娘さんの話
を聞くまでは、施主さんのファッションや小物から連想されるスタイリッリュ
な家具をイメージしていたのですが、これはちょっと方向性が違うなと思いは
じめました。大きく方向転換して、金沢市広坂にあるNOWさんの家具(北欧
家具)を入れる事を思いつきました。施主さんの年齢相応の、新品の家具とい
うよりは味わいのある、少し手の跡がある家具が相応しいと感じました。落ち
着きのある家具と空間、ここからイメージは膨らんでいきました。

普段は内装に色を使う事は滅多にないのですが、家具のセレクトが徐々に進み、
クッションの生地などを選定するにつれ、この家具と調和する空間を作りたい
と思うようになりました。ヒントになったのはフィン・ユールの自邸です。
左右に配置された天井の間接照明によって空間に奥行きをあたえ、面によって
少し色を変えて空間のメリハリをつけました。突き当たりの2つの面にはテレ
ビが内蔵されています。左の面は仏間へ続く扉を半分隠す事でテレビ収納とし、
右奥の面は普段使いのテレビがスライドドアの中に収納されています。元々の
間取りではLDKに入るなり大きなテレビとソファセットが置かれていましたが、
この普段見ないテレビが主張しているような空間は避けたかったという意図が
あります。パナソニックのキッチンも色選びが効いて空間に馴染む場所になり
ました。ギリギリのタイミングでしたが色を変更させてもらって正解でした。

最後に一番気にしていた照明計画の件です。空間の印象をすっきりさせるため
に、普段天井面にはなるべく照明器具を配置しないよう心掛けています。間接
照明で全体をほんのりと明るくし、必要な場所にピンポイントでペンダントな
りダウンライトを配置する計画としています。改装前の蛍光灯主体の部屋から
比べるとかなり暗く感じるだろうと思っていたので、ここは施主さんの理解が
得られるかどうか、少し心配していた部分ではありました。明るさの感じ方は
かなり主観を伴うからです。試験点灯した日が、冬場で天候が悪い日だった事
もありますが、一言「暗い!」と言われ、心底焦りました。元々、局所照明は
フロアスタンドでカバーする計画だったのですが、直ぐに慣れると思いますが
と言ったものの、かなり不安でした。。

家具搬入等が終わり、引渡しの数日後に訪ねたところ「最初は暗いと思ったけ
ど気分が落ち着いていいね!」と言われ、肩の荷が下りた気がしました。本当
にホッとしました。

中2階のゲストルームは、和室6帖2間を洋室に改装する計画で、ホテルみた
いにしたいという要望でした。天井高さが高いシンプルな部屋だったので、床
と天井に色を入れ、正面の壁を間接照明で照らしあげることで雰囲気をつくり
ました。元々あったミニキッチンは洗面カウンターに変更。こちらも間接照明
で雰囲気を柔らかくしています。

LDKとゲストルームという限定的な場所に対する提案でしたが、普段考えない
ことを色々と考える機会があり、大変自分の勉強になりました。自分にとって
もお気に入りのプロジェクトとなりました。また、家具と空間の調和というの
はとても大切だなと改めて感じました。本当によい経験でした。


 

作品紹介No.7 神田の家


中武則
(株)大屋設計
HP:http://www.oya.co.jp/

改修の方法もありました。主人は迷っていました。様々な理由で切妻の思い出深い農家は建替える事になりました。
解体当日、主人は瞼に手をあてていました。我々は、過去のデーターの復元か、新しいスタイルの提案か、二者択一
では済まないと思い知らされました。
子世代が望む新しいプラットフォームに、70年分の思い出を乗せ換えてドライブできる事が課題でした。
昔ながらの風景を活かし、開かれた前庭としたことで地域との関係が継承されています。
主人が長年丹念に手入れをしてきた庭の中間設けた新しいリビングは、自然の中で暮らしている事を感じます。
朱壁・拭き漆の座敷は、旧宅から中庭が見渡せる位置に移植しました。
大家族・3世代のそれぞれの思いが保存・再生と新しい空間を融合させてくれました。








作品紹介No.6 家族を育む・外部空間を楽しむ家


中出喜美男
アーキ・アーバン建築研究所
HP:http://www.h7.dion.ne.jp/~a-urban/


暮らしの中に、屋上の楽しさを取り入れた鉄筋コンクリート住宅をご紹介いたします。
 

 
当住宅では、親子が楽しく過ごせる「子育ての家」をつくりました。
居間を「動の居間」と「静の居間」に区分し、ふたつの空間をガラス戸一枚挟んで繋げることで、活発に動きたい人と静かに過ごしたい人が、音は遮断されつつも視覚的には同じ空間で共に過ごせるようにしました。
 

写真奥が「動の居間」 写真手前が「静の居間」
 
生活の楽しさは屋外にも繋がっていきます。
テラスや屋上といった場所で過ごすだけでなく、部屋の中にも光や緑の風景が入り込み、部屋にいても四季の移り変わりや一日の中で変わりゆく空の色など屋外の変化を楽しめます。
 
     
 

 
隣接するテラスは、居間と連続する「屋外の居間」として機能します。
子供はテラスで走り回ったり、窓際のカウンターでお絵かきをしたりと自由にのびのびと遊び、親はその様子を見守りながら家事や趣味に取り組むことができます。
 

 
住宅密集地に位置している為、ガラスやメッシュ状の手摺を用いることで圧迫感を緩和しています。
手摺には時間の経過と共にツタが絡んでいきます。
 
 
コンクリート住宅は屋上を活用できるため、暮らしの中の楽しみの幅が広げられます。また、耐震性・耐火性に優れているという特徴もあり、安心で快適な暮らしが実現出来ます。
しかし価格が高いという印象から、一般的にはコンクリート住宅はあまり普及しておりません。
 
私たちは住宅の構造計算までを事務所内で行うことで価格を抑え、木造と同程度のコストに挑戦しています。
現在は二棟の建物を共同で建てることで工事費を抑える取り組みもしています。
 
私たちはコンクリート住宅の魅力がより広く、皆様に伝わるよう願っております。
 
※現在共同で建てるコンクリート住宅第二弾を計画中。また、第三弾も募集中です。
 

| 1/11PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 緊急フォーラム「震災を考える」のご報告(吉村寿博)
    安東俊幸 (05/28)
  • 8/22 リレートークショーIV 02「里山の住宅 その素材と風景」
    盛下 敏成 (08/20)
  • 8/22 リレートークショーIV 02「里山の住宅 その素材と風景」
    安田 均 (08/19)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode