作品紹介No.8 小松の家(LDKとゲストルームの改装)



吉村 寿博
吉村寿博建築設計事務所
HP:http://www.yoshimura-archi.com

小松市の住宅改装物件です。内装業者さんからの紹介物件で、施主さんとは
全く面識のないところから始まった珍しいプロジェクトです。電気設備会社
を経営されている施主さんからの要望は「カッコ良くして欲しい!」という
一言でした。住宅内部の全面改装(主要室以外はクロスの張替え程度)でし
たが、大きく手を入れるのはLDKと中2階のゲストルーム、2階の寝室の3
部屋でした。こちらのブログでは、LDKと中2階のゲストルームを紹介して
います。(設計の詳細はこの記事の末尾に記載しています。長文になってし
まいましたがご容赦ください)



玄関からLDKに入る。エンジ色の部分は仏間に続く引戸となっている


手前の接客スペースと普段使いのリビングスペースが雁行して繋がる


天井を照らす間接照明が空間に統一感を与える


接客スペースからLDKを見返す


中2階のゲストルーム。家族の帰省や親戚の来訪時に使用するスペース


LDKの改装前写真。および家具から導かれた内装のカラースキーム

■内装の設計にあたって
小松市の住宅改装物件です。内装業者さんからの紹介物件で、施主さんとは
全く面識のないところから始まった珍しいプロジェクトです。電気設備会社
を経営されている施主さんからの要望は「カッコ良くして欲しい!」という
一言でした。住宅内部の全面改装(主要室以外はクロスの張替え程度)でし
たが、大きく手を入れるのはLDKと中2階のゲストルーム、2階の寝室の3
部屋でした。寝室と他の諸室は壁クロスの選定や窓のスクリーンの選定をさ
せていただきました。既に改装計画が進んでいたところ、途中から入る形に
なったので、既に決まっていたキッチンの選定(カラーコーディネート)や
食器棚の整理を行ないつつ、施主さんの好みを探る打合せとなりました。

話をよく聞いてみると、たまに帰省される娘さんに「カッコイイね!」と言っ
て欲しいという施主さんの可愛らしい思いが動機だったことが分かりました。
幸い家具の選定まで任せていただくことになっていたので、どんな家具を置く
か、というところから空間のイメージづくりがスタートしました。娘さんの話
を聞くまでは、施主さんのファッションや小物から連想されるスタイリッリュ
な家具をイメージしていたのですが、これはちょっと方向性が違うなと思いは
じめました。大きく方向転換して、金沢市広坂にあるNOWさんの家具(北欧
家具)を入れる事を思いつきました。施主さんの年齢相応の、新品の家具とい
うよりは味わいのある、少し手の跡がある家具が相応しいと感じました。落ち
着きのある家具と空間、ここからイメージは膨らんでいきました。

普段は内装に色を使う事は滅多にないのですが、家具のセレクトが徐々に進み、
クッションの生地などを選定するにつれ、この家具と調和する空間を作りたい
と思うようになりました。ヒントになったのはフィン・ユールの自邸です。
左右に配置された天井の間接照明によって空間に奥行きをあたえ、面によって
少し色を変えて空間のメリハリをつけました。突き当たりの2つの面にはテレ
ビが内蔵されています。左の面は仏間へ続く扉を半分隠す事でテレビ収納とし、
右奥の面は普段使いのテレビがスライドドアの中に収納されています。元々の
間取りではLDKに入るなり大きなテレビとソファセットが置かれていましたが、
この普段見ないテレビが主張しているような空間は避けたかったという意図が
あります。パナソニックのキッチンも色選びが効いて空間に馴染む場所になり
ました。ギリギリのタイミングでしたが色を変更させてもらって正解でした。

最後に一番気にしていた照明計画の件です。空間の印象をすっきりさせるため
に、普段天井面にはなるべく照明器具を配置しないよう心掛けています。間接
照明で全体をほんのりと明るくし、必要な場所にピンポイントでペンダントな
りダウンライトを配置する計画としています。改装前の蛍光灯主体の部屋から
比べるとかなり暗く感じるだろうと思っていたので、ここは施主さんの理解が
得られるかどうか、少し心配していた部分ではありました。明るさの感じ方は
かなり主観を伴うからです。試験点灯した日が、冬場で天候が悪い日だった事
もありますが、一言「暗い!」と言われ、心底焦りました。元々、局所照明は
フロアスタンドでカバーする計画だったのですが、直ぐに慣れると思いますが
と言ったものの、かなり不安でした。。

家具搬入等が終わり、引渡しの数日後に訪ねたところ「最初は暗いと思ったけ
ど気分が落ち着いていいね!」と言われ、肩の荷が下りた気がしました。本当
にホッとしました。

中2階のゲストルームは、和室6帖2間を洋室に改装する計画で、ホテルみた
いにしたいという要望でした。天井高さが高いシンプルな部屋だったので、床
と天井に色を入れ、正面の壁を間接照明で照らしあげることで雰囲気をつくり
ました。元々あったミニキッチンは洗面カウンターに変更。こちらも間接照明
で雰囲気を柔らかくしています。

LDKとゲストルームという限定的な場所に対する提案でしたが、普段考えない
ことを色々と考える機会があり、大変自分の勉強になりました。自分にとって
もお気に入りのプロジェクトとなりました。また、家具と空間の調和というの
はとても大切だなと改めて感じました。本当によい経験でした。


 

作品紹介No.7 神田の家


中武則
(株)大屋設計
HP:http://www.oya.co.jp/

改修の方法もありました。主人は迷っていました。様々な理由で切妻の思い出深い農家は建替える事になりました。
解体当日、主人は瞼に手をあてていました。我々は、過去のデーターの復元か、新しいスタイルの提案か、二者択一
では済まないと思い知らされました。
子世代が望む新しいプラットフォームに、70年分の思い出を乗せ換えてドライブできる事が課題でした。
昔ながらの風景を活かし、開かれた前庭としたことで地域との関係が継承されています。
主人が長年丹念に手入れをしてきた庭の中間設けた新しいリビングは、自然の中で暮らしている事を感じます。
朱壁・拭き漆の座敷は、旧宅から中庭が見渡せる位置に移植しました。
大家族・3世代のそれぞれの思いが保存・再生と新しい空間を融合させてくれました。








作品紹介No.6 家族を育む・外部空間を楽しむ家


中出喜美男
アーキ・アーバン建築研究所
HP:http://www.h7.dion.ne.jp/~a-urban/


暮らしの中に、屋上の楽しさを取り入れた鉄筋コンクリート住宅をご紹介いたします。
 

 
当住宅では、親子が楽しく過ごせる「子育ての家」をつくりました。
居間を「動の居間」と「静の居間」に区分し、ふたつの空間をガラス戸一枚挟んで繋げることで、活発に動きたい人と静かに過ごしたい人が、音は遮断されつつも視覚的には同じ空間で共に過ごせるようにしました。
 

写真奥が「動の居間」 写真手前が「静の居間」
 
生活の楽しさは屋外にも繋がっていきます。
テラスや屋上といった場所で過ごすだけでなく、部屋の中にも光や緑の風景が入り込み、部屋にいても四季の移り変わりや一日の中で変わりゆく空の色など屋外の変化を楽しめます。
 
     
 

 
隣接するテラスは、居間と連続する「屋外の居間」として機能します。
子供はテラスで走り回ったり、窓際のカウンターでお絵かきをしたりと自由にのびのびと遊び、親はその様子を見守りながら家事や趣味に取り組むことができます。
 

 
住宅密集地に位置している為、ガラスやメッシュ状の手摺を用いることで圧迫感を緩和しています。
手摺には時間の経過と共にツタが絡んでいきます。
 
 
コンクリート住宅は屋上を活用できるため、暮らしの中の楽しみの幅が広げられます。また、耐震性・耐火性に優れているという特徴もあり、安心で快適な暮らしが実現出来ます。
しかし価格が高いという印象から、一般的にはコンクリート住宅はあまり普及しておりません。
 
私たちは住宅の構造計算までを事務所内で行うことで価格を抑え、木造と同程度のコストに挑戦しています。
現在は二棟の建物を共同で建てることで工事費を抑える取り組みもしています。
 
私たちはコンクリート住宅の魅力がより広く、皆様に伝わるよう願っております。
 
※現在共同で建てるコンクリート住宅第二弾を計画中。また、第三弾も募集中です。
 

作品紹介No.5 笠市町の町家再生


由田 徹
株式会社 ユウプラス
HP:http://uplus.jp/

明治初期に建てられ看板建築に改変された町家の再生プロジェクトです。

「再生」とは、建築が現代に存在する上で不都合な部分の、「暗い・暑い・寒い・使いづらい」を根本から見直し、風土と文化に根ざした伝統的な日本の木造技術とデザインで現代に蘇らせ、次の世代につなげること理解しています。

このプロジェクトでは、子世代が町家の魅力を再認識し再生したいとの強い思いで実現したものです。特に改変の激しかったファサード部分を取り壊し、建物に残る痕跡を手掛かりに類例に倣ってファサードを整えました。また、増築して狭くなった中庭を減築して、光と風の通り道である中庭に戻しています。将来には2世対住宅とし機能するように、また若い世代のライフスタイルに合わせて板張りのワンルームのリビング・ダイニングにしています。構造的にも断熱など性能的にも改修を加えています。

再生された町家は、「暗い・暑い・寒い・使いづらい」が取り除かれ、「明るく・涼しく・暖かく・使いやすい」を取り戻しとても書いてな住まいとなりました。デザインは主張することなく、時間を経過した穏やかなたたずまいとなるように心掛けています。


再生前の外観


再生後の外観


式台構えのある玄関


中庭に面するワンルームのリビング・ダイニング


建物の前面に配置された台所
 

作品紹介No.4 YA-house

戸井 建一郎

株式会社toit-design

HP:http://www.toitdesign.com/
 

前面道路と緑豊かな植樹帯のある遊歩道に挟まれた敷地に建つコートハウス。

道路面と約1M盛り上がった地盤面との高低差を活かし、3つの床レベルをスキップさせ、1層部分から2層部分まで迫り上がる片流れ屋根を掛けた断面を構成し、散歩やジョギングする人たちが行き交う、とても気持ちの良い遊歩道に接近して大きく開き、キャンティレバーで張り出した縁側的な外部空間が中庭まで繋がる、インドアとアウトドアが入り組んだようなプランを考えた。
また、クライアントの希望であった、ジョージネルソンの「サンバーストクロック」という時計のイメージを反映させた建物に、というとても抽象的なオーダーに対して、針のカラーリングをモチーフとした3色の色彩を放つ3枚の壁をパブリックスペースに象徴的に配置し、各所に大開口やトップライトを効果的にレイアウトすることで空間全体に鮮やかな彩りと刻々と変化する光の表情を与えた。



遊歩道側の外観


3つの床レベルを繋ぐリビング階段


縁側的な外部空間と中庭に囲まれたリビング


遊歩道側から見たLDK全景


階段のディテール


「サンバーストクロック」
 

 

作品紹介No.3 小立野の家


筒井晃典

筒井建築設計室

HP:http://www.ab.auone-net.jp/~t-adr/

 

8年程前に手掛けた物件で、住宅建築としてはほとんど初期の仕事です。

クライアントは関東在住で、新年度に合わせて金沢市内の大学に教授として赴任する方でした。居住地が金沢ではないため、打合せのメインは電話とFAXそしてメール。加えて、金沢に来られるタイミングを図り、一気に詳細を詰めて行く方法で設計内容を積み上げて行きました。施工中においては、事ある毎にメールにて工事写真を送り、確認を取りながら、時には修正しながら進めて行きました。

小さな3階建ての住宅ではありますが、中身の濃い仕上りになったと満足しています。

ちなみに、内装の壁はほとんどを珪藻土で仕上げており、全てクライアントと友人たち、そして私の手に依るものです。

 

リビングからの夕景

 

簡素なファサード

 

階段から玄関を見る

 


4畳半の和室

 

浴室からの眺め


作品紹介No.2 回廊の家


石村 聖一郎
聖建築設計事務所
HP:http://sei-archi.com/

10年に一度巡ってくる「おかえり筋」。
クライアントはお祭りに向けて改築を計画。
親戚や友人が集まる座敷が要望され、そこからも豪華な台車が動く様子を見られることが重要であったが、それ以外の普段の生活空間は敷地3方の道路からプライバシーを守ると同時に、光を取り入れた明るい空間が要望された。
建物の中央に大きな中庭を設け、それを取り囲むように家族の居場所を配置し回廊による連続性を活かしながら、どの部屋も中庭からの光が入り込む明るい空間とした。
また、昔ながらの町並みが続く地域なので、5寸勾配の大きな瓦屋根をのせ、黒壁、白壁、面格子を用い、町の雰囲気に合わせた建物とした。

祭り初日の夕方に台車が集合し曳き手の宴が路上で始まる。
日も暮れ、暗くなると、夜の部が始まり、道路を曲がるところが見せ場であり、多くの人が見物に訪れる角地に建つ家である。座敷では親戚や友人が集まり、祭り見物をしながら10年に一度のおかえり筋を楽しむことが出来る。



一段上がった畳のリビング。
おばあちゃんの膝への負担を考慮。
左手は広さ9帖の中庭。



外観。
地域の町並みを考慮し日本瓦葺き大きな一枚屋根。



和室、広縁の向こうに中庭。
祭りの時に来客をもてなす大きな和室。



玄関ホール。
左手は中庭、その奥にLDK。



祭りの夜、この家の前は曳車が引き回される最大の見せ場となる。

作品紹介No.1 石引の家 II

谷重義行

谷重 義行
谷重義行+建築像景研究室
HP:http://www.archi-tao.jp

築30年の購入中古住宅を住み良い住宅へと改修しました。遠く眺望できる大
きな窓を設け  四季を通して金沢の自然の変化を住まいの中から体感できる
開放的な住宅です。既存の床を下ろし  玄関土間を住宅内部を貫通して庭ま
で延長することで  内・外の繋がりはさらに強調されています。柱梁を適度
に見せると共に 能登ヒバフローリング  珪藻土の左官壁  和紙クロスの天
井 ウールブレスの断熱材などの素材を使用し  身体に馴染むシンプルで温
もりのある室内環境をつくりだしています。


玄関ホール


ホールからリビングを見る


住まい手のセンスを感じるリビング


ダイニングキッチン


生活を豊かに彩るキッチンアイテム


ダイニングから金沢を一望
 

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 緊急フォーラム「震災を考える」のご報告(吉村寿博)
    安東俊幸 (05/28)
  • 8/22 リレートークショーIV 02「里山の住宅 その素材と風景」
    盛下 敏成 (08/20)
  • 8/22 リレートークショーIV 02「里山の住宅 その素材と風景」
    安田 均 (08/19)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode